前へ
次へ

一戸建てに住めなくなる理由

一戸建て住宅での生活では、サラリーマン家庭であれば、時に「転勤の辞令」が出る場合もあり、それが理由で住めなくなることもあり得ます。
現実的な選択肢は、「売る」か「貸す」かの2択です。
賃貸に出す考えの場合、住宅ローンの返済が残っていれば、まずは金融機関への報告が必要になります。
もちろん、メリットはせっかく購入した一戸建てですから、賃貸にしたら収入になるからです。
ポイントは「賃貸に出さざるを得なくなった」ことを告知しなければなりません。
融資先である金融機関は、マイホームとして利用するからこそ低金利で融資したのです。
用途が変更されれば、支払条件そのものが変わってしまいます。
ちなみに、「売る」か「貸す」かの選択の判断は、売却査定と残高証明の残債でできます。
いわゆる債務超過状態であれば、売却しただけでは住宅ローンを返済できません。
売却損を埋め合わせることができれば売却、できなければ賃貸に出しましょう。
査定価格が残債より勝るなら、賃貸も売却も検討できます。

Page Top